ポリ袋で作る!災害時のご飯と味噌汁

レシピ

ポリ袋の中で作るご飯と味噌汁。使ったポリ袋やラップを容器にかぶせれば、お皿を洗う水の節約にもなります。
調理の水に食材が直接触れないので、雨水やお風呂に溜めた水などでも調理することができます。災害時の飲み水確保・節水レシピです。

材料(3人分)

<ご飯>
・無洗米  2合
・飲料水  420ml
・湯煎調理用ポリ袋  1袋

<味噌汁>
・自家製インスタント味噌汁の素 小さじ山盛3(作り方はこちら>>
・飲料水  600ml
・湯煎調理用ポリ袋  1袋

作り方

1.それぞれ別のポリ袋に入れ、空気を抜いて袋の口を結んでおく。

2.鍋にお湯を沸かす。

ここで沸かすお湯は、食品に直接触れるお湯ではないので、雨水や風呂に溜めた水などなんでもOK。水洗トイレがある場合は、トイレタンクの流し水も利用できます。

 

3.袋の口が鍋のふちに触れないように注意して、お米のポリ袋を蒸し布に包んで鍋の中に入れる。

袋の中に空気が入っていると、お湯に沈めた時に浮いてきてしまうので、袋の中の空気はしっかり抜きましょう。

 

4.20分湯煎して、火を止め、そのまま15~20分蒸らす。

 

5.お米を蒸らしている間に、味噌汁を入れたポリ袋を鍋の中に入れて味噌汁を温める。

味噌はポリ袋の中の水の中で予め溶いておきます。

 

6.袋を器にかぶせる状態、もしくは器にラップを敷いてご飯と味噌汁を盛る。

ポリ袋やラップのまま器に盛ることで、洗い物に使用する水も節約でき、袋の口をきちんと縛って捨てることで、ニオイ対策にもなります。

 

湯煎調理のコツ

●食材を入れた袋は、空気を抜いて袋の口の方を縛る。
●湯煎調理用ポリ袋の耐熱温度は100~120℃。鍋の底やふちにポリ袋が付かないように注意する。
●ポリ袋を鍋に入れる際はポリ袋を蒸し布で包んで入れ、火が通ったら菜箸などで蒸し布ごとすくい上げる。

【参考】備えいらずの防災レシピ 「食」で実践フェーズフリー 飯田 和子

 

関連記事

災害に備える「もしも」食


「暮らしの発酵通信」特別号記載

この記事を書いたライター記事一覧
KAKO(かこ)【里菌】
「暮らしの発酵通信」ライター。「微生物と響きあえば、人も社会も発酵する」私の大好きな言葉です。発酵の力でみんなでhappyになろう!
  • 登録無料 年2回届く暮らしの発酵通信「暮らしの発酵くらぶ」
簡単お申込み!年3回お届け 暮らしの発酵通信 地域で醸す発酵情報