腸活で免疫力アップ!酒粕グリーンカレー

レシピ

酒粕は腸内環境を整えるだけでなく、血糖値を下げたり、コレステロールの低下促進の他 抗うつ効果もあるなど、さまざまな健康効果が高いと最近注目されており、 積極的に料理に使っていきたい食材です。 ですが、なかなか普段の料理にどうやって取り入れていいか わからない方も多いと思います。 そこで今回は簡単にエスニック料理に使う方法を教えちゃいます!

 

材料

<酒粕漬け床>
・酒粕  150g
・ナンプラー  大さじ3

・鶏モモ肉  1枚
・グリーンカレーペースト  1袋
・ココナッツミルク  500cc
・水 300cc
・ピーマン 2個
・パプリカ 半分
・舞茸 1パック
・ナンプラー  大さじ2
・砂糖 大さじ1
・パクチー  適量

 

 

作り方

1.ペースト状にした酒粕にナンプラーを入れて混ぜ、 一口大にカットした鶏肉をいれて1~2日冷蔵庫で漬け込む。

2.フライパンに油を引き、グリーンカレーペーストを弱火で炒めを香りを出す。

3.そこに酒粕に漬け込んだ鶏肉を入れて炒め 馴染んだらカットしたピーマン、パプリカ、舞茸を入れて炒める。

 

4.全体が馴染んだらココナッツミルク・水を入れて鶏肉に火が通るまで10~20分煮込む。最後に砂糖とナンプラーで味を整え、盛り付け時にパクチーを添えて出来上がり。

発酵ライフアドバイザープロフェッショナルからのワンポイントアドバイス!

酒粕が焦げやすいので、鶏肉を炒める時は弱火~中火でささっと。

 

<レシピ提供>

発酵ライフ推進協会 発酵ライフアドバイザープロフェッショナル・みそソムリエ・NARD JAPANアロマセラピスト

入野 佳

自身の体調不良をきっかけに生活改善を行うため、マクロビオティックやローフードなど食生活の他、アロマテラピーを学びつつ日常生活に取り入れ、その延長線上で発酵と出会い、資格を取得。エスニック料理好きが高じて、海外ボラティア支援団体と共催するバングラディシュチャリティカレーイベントにスタッフとして10年近く参加。

Instagram

  • 登録無料 年2回届く暮らしの発酵通信「暮らしの発酵くらぶ」
簡単お申込み!年3回お届け 暮らしの発酵通信 地域で醸す発酵情報