【開催レポ】今さら聞けない?発酵のキホンと塩麹づくり

イベントレポ

8/20(木)。「今さら聞けない?発酵のキホンと失敗しない“生”塩麹づくり」を開催しました。

会場は、名古屋市天白区の無添加住宅「on・new(うえやま建設)」さんのモデルルーム。今回の講座は、「全5回 暮らしの発酵定期講座」として、うえやま建設さん×暮らしの発酵のコラボ企画vol.2。漆喰と無垢材に囲まれた素敵な空間で、8名の方に発酵の魅力を語らせていただきました!

発酵がブームで「発酵食品は体にいい」と知っている方は多いかと思います。でも、「そもそも“発酵”ってどういうこと?」を説明できる人は少ないのでは?

<発酵は、人間にとっていいこと(健康になるとか、おいしくなるとか)を微生物がやってくれている現象>

超大雑把にいったら、これだけ。そして、「人間」が「誰」なのかによっても、発酵なのか腐敗なのか大きく変わってきます。
世界の発酵食品から身近な発酵食品を例にして、色々な発酵食品をご紹介!

日本の発酵食品の特長や、麹?麹菌?酵素?などの発酵メカニズムも。

ちゃんとわかったところで、みんなでこだわりの塩麹づくり!

無農薬の生塩麹と、久米島の海洋深層水100%の塩と水を鮮度保持機能付きエンバランスチャック袋に入れて、もみもみして(仕込み)完了!

塩と塩麹の何が違うのか?どうやって塩麹を使ったらいいのか?使う量の目安は?
塩麹を買ったものの、どうやって使ったらいいかわからず、冷蔵庫の肥やしとなっていた経験がある私ならではの教訓をお伝えしました。

塩麹に漬けた木綿豆腐の試食も。会場となったうえやま建設さんのすぐ近くにある、国産小麦の天然酵母パンにのせて食べたら、まるでチーズ♡オーガニックのオリーブオイル「れなり」もかけて召し上がっていただきました。

大きな皿は、ヤシの葉でできた、洗って再利用できるお皿。

参加してくださった方からは、

「ビールが発酵だなんて知らなかったです。」
「塩麹楽しみ!」
「甘酒とヨーグルトを毎日飲んでいるけど、何がいいのかちゃんと説明できなかったんですが、今回お話を聞いてとてもわかりやすかったです!」

との声。嬉しいですね。

来月は、9/17(木)「服は第二の肌!石けん洗濯で“着る”健康」。第一の肌(皮膚)と第二の肌(衣類)を守る、ナチュラル洗濯をお伝えします。

この記事を書いたライター記事一覧
KAKO(かこ)【暮らしの発酵コンシェルジュ】
「暮らしの発酵通信」ライター。「微生物と響きあえば、人も社会も発酵する」私の大好きな言葉です。発酵の力でみんなでhappyになろう!
  • 登録無料 年2回届く暮らしの発酵通信「暮らしの発酵くらぶ」
簡単お申込み!年3回お届け 暮らしの発酵通信 地域で醸す発酵情報