酵素たっぷり!発酵鯛のムニエル~パイナップルソース添え~

レシピ

塩麴×麦味噌×パイナップルのトリプル酵素で消化吸収がスムーズ行われるので夏の疲れた胃腸に優しいメニューです。魚をお肉に変えても美味しいですよ。

その場合、1~2日長く漬けこんでくださいね。

 

材料(2人分)

(魚)

・白身魚切身  2切れ
・塩麹  小さじ2
・小麦粉  適量
・オリーブ油  適量

(ソース)

・生パイナップルピュレ(※) 大さじ2
・マヨネーズ      大さじ2
・麦味噌(生)     小さじ2
・すりおろしにんにく  耳かき2

(マッシュポテト)

・じゃがいも       中1個
・牛乳           適量
・塩            適量

(トッピング)

・パプリカ赤      1/8個
・生パイナップルキューブ(※)  少量
・イタリアンパセリ     少量
・ピンクペッパー   あれば少量
・カシューナッツ   あれば少量

※生パイナップル1/8個はトッピング分を残して、ミキサーでピュレ状にする。

 

作り方

1.魚に塩麹を薄く塗りぴったりラップをして冷蔵庫で一晩寝かす。

 

2.小麦粉をはたき焦げやすいので弱火で皮目からゆっくりと焼く。

 

3.パプリカを軽く焼き皮をむく。マッシュポテトを作る。

 

4.ソースを混ぜ合わせて作りトッピングする野菜などを切り揃える。

 

発酵ライフアドバイザーからのワンポイントアドバイス!

酵素は60度程で失活するので、ソースに使うパイナップルや味噌は生がおススメです。

 

<レシピ提供者>

発酵ライフ推進協会 東京本部 丸ノ内校 発酵ライフアドバイザープロフェッショナル 小池直子

東京丸の内・発酵料理屋にっぽんのひとさら勤務。発酵のおいしくたのしい魅力にどっぷりハマり、毎日家族相手に、発酵料理の試作中!家族から好評な日も、不評な日も、楽しみながら作っています♪

 

  • 登録無料 年2回届く暮らしの発酵通信「暮らしの発酵くらぶ」
簡単お申込み!年3回お届け 暮らしの発酵通信 地域で醸す発酵情報