揚げずに簡単!ヘルシー!夏野菜の焼き酢豚

レシピ

暑い季節に心配な熱中症対策には、ビタミンB1を多く含む豚肉と、体を冷やし・潤いを与えてくれる旬の夏野菜がおすすめ。黒酢でさっぱりとした味わいにすることにより、食欲のない時でもたっぷり食べられる酢豚です。

揚げずにつくる焼き酢豚なので手軽に作っていただけます。

材料

・豚肩ロース(焼き肉用) 150g
・ズッキーニ 1本
・なす 1本
・パプリカ(赤・黄) 各1/2個
・玉ねぎ 1/4個

<塩麹トマトたれ>
・トマト 1/2個
・にんにく 1/2片(約5g)
・塩麹 大さじ1

<A>
・黒酢 大さじ3
・しょうゆ 大さじ2
・きび砂糖 大さじ2
・オリーブオイル 大さじ4
・水溶き片栗粉(片栗粉大さじ1+水大さじ2)

作り方

1.トマトは細かく乱切りにし、塩麹・すりおろしにんにくと合わせ1晩(8時間以上)冷蔵庫に置いて「塩麹トマトたれ」をつくる。

2.玉ねぎはみじん切り、他の野菜は5~6cmの乱切りにし、豚肉は片栗粉(分量外)をまぶしておく。

3.フライパンにオリーブオイルをひき、なす・ズッキーニ・パプリカの順に炒め一端皿に取り出す。次に豚肉を焼き同じ皿に取り出しておく。

4.3.のフライパンで玉ねぎを炒め、しんなりしたら1.を入れ沸々したら(A)を入れ煮立たせ、3.を戻し混ぜ合わせ、最後に水溶き片栗粉でとろみをつけ完成。

 

発酵アドバイザープロフェッショナルから一言

・「黒酢の酢酸やクエン酸+豚肉のビタミンB1+にんにくのアリシン」この組合せが疲労回復やスタミナアップに効果的です。

・塩麹トマトたれは、酵素の働きによりトマトの旨味や甘みがUPし、酢豚全体のだしとなる役割やトマトケチャップの代替となります。また、他の料理にも幅広く応用がききます。

・穀物酢や上白糖でも可ですが、黒酢やきび砂糖を使用していただくとコクのあるまろやかなおいしさになり、栄養価もUPしますのでオススメです。

・夏場は冷たい水ものを摂取しがちですが、旬の夏野菜を摂取することで上手に体を冷やし、水分補給することが出来ます。

<レシピ提供者>

発酵ライフ推進協会 発酵ライフアドバイザープロフェッショナル 足立るみ

「自然と体にいい、おいしい食事を毎日の暮らしに」をテーマに2011年より薬膳に関する講座や商品開発・レシピ提供などを行う。“身土不二”の考えから、日本で昔から大切にされてきた発酵食に興味を持ち学ぶと、そのおいしさと魅力に取りつかれ、日々発酵ライフを実行中。

国際中医薬膳師・中医薬膳茶師
調理師・製菓衛生士
雑穀エキスパート

 

  • 登録無料 年2回届く暮らしの発酵通信「暮らしの発酵くらぶ」
簡単お申込み!年3回お届け 暮らしの発酵通信 地域で醸す発酵情報