ちょっとしたコツで作業効率up!ピカピカ続く☆窓ふきテク

掃除・洗濯

窓がピカピカしていると、幸運まで舞い込んできそうなくらい嬉しくなりますよね。でも、バケツにふきん、そして二度拭き・・・案外面倒なのも事実。

窓ふきのちょっとしたコツを知って、キレイが続くピカピカ窓に!

用意するもの

  • 水で50倍に薄めたEMWスプレー(EM薄め液)
  • 雑巾またはマイクロファイバークロス

使い方

室内側の窓

EMWスプレーをシュッと窓にスプレーし、雑巾で拭くだけ。ドアを開ける時に触る部分が手あかで汚れやすいので入念に。

EMWで窓ふきをすると、静電気が起きにくいため、ホコリがつきにくくなります。

屋外側の窓

1.乾いた布や柔らかいブラシなどで大きな土やホコリを落とす。

外に面しているガラスには、ホコリや土などがついています。土に水を足したら泥になるように、最初から水をかけてしまうと余計に汚れが拡がってしまいます。

2.EMWスプレーをシュッと窓にスプレーし、雑巾で拭く。

 

窓掃除のポイント

① 曇りの日にやる

晴れの日の方が窓掃除の気分になりますが、実は窓掃除は曇りの日がいいんです。

それは、晴れの日だと

  • ホコリや汚れが光で反射して見えにくくなる
  • EMWスプレーをシュッとした後、すぐに水分が乾いてしまって拭き掃除ができない

から。雨上がりで湿気がある状態の時だと、屋外側の窓の汚れが取れやすくなっているのでおススメ。

 

② 雑巾は手のひらサイズで持つ

一般的な雑巾のサイズで窓を拭く時、2つ折りにする方も多いのでは?実は、2つ折りの状態で窓を拭くと効率が悪いんです!

窓を拭くために力が入るのは手を置いている部分ですよね。写真の左の状態(2つ折り)で窓を拭くと、手の跡の通りに雑巾が汚れます。

一方、写真の右の状態(4つ折り)だと、雑巾全体に力が入ります。この時、親指と小指で雑巾を挟むように持つと拭きやすい!4つ折りなので、「表で4面+裏で4面=8面」と、効率よく雑巾の面を使うことができます。

1枚でたくさん拭けるから、雑巾を何枚も用意したり、汚れたからバケツで洗って…という作業が少なくなります!

 

③ 一定方向に手を動かす

窓を拭く時、一筆書きで手を動かしていませんか?こんな風に手を動かすと、汚れが左右に分散してしまいます。

一見非効率にも見えますが、(右手に雑巾を持った場合)左→右へと一定方向に手を動かし、汚れが溜まった右側を上→下におろせば、汚れを分散させることなく窓全体がキレイになります。
(左手に雑巾を持った場合は「右→左」+「上→下」と動かしましょう。)

 

いかがでしたか?ちゃーんとキレイにしたら、キレイが続く!ポイントを押さえて、Let’s窓ふき!!

 

 

INFORMATION

名称
ハウスケア用発酵液「EMW」
URL
http://www.kurashinohakko.com/2017/05/05/53/
その他
化学合成物質を一切使用していない安全なお掃除用発酵液。善玉菌の発酵力でおうちを、汚れにくい、快適な発酵空間に導きます。
この記事を書いたライター記事一覧
KAKO(かこ)【暮らしの発酵コンシェルジュ】
「暮らしの発酵通信」ライター。「微生物と響きあえば、人も社会も発酵する」私の大好きな言葉です。発酵の力でみんなでhappyになろう!
  • 登録無料 年2回届く暮らしの発酵通信「暮らしの発酵くらぶ」
簡単お申込み!年3回お届け 暮らしの発酵通信 地域で醸す発酵情報