暮らしの中で土に触れよう

発酵通信

暮らしの中で土に触れていると、人間と自然との深い繋がりに気づくことがあります。私たち人間の体と植物のカラダは、ずいぶんと違っているようで、その実、同じ仕組みを持っています。私たち人間の体を健康に保つ大切な「腸内細菌」は、以前から注目を集めていますが、最近では更に大きく取り上げられるようになってきました。植物の健康を保つためにも、やはり細菌や微生物が関係しています。 さあ、自然の素晴らしい仕組みをのぞいてみて、思いがけない感動を発見してみましょう。

微生物は植物の胃 土は植物の腸

人間と植物の体の仕組みは、ちょうど内と外がひっくり返ったようになっています。つまり、植物の体を取り巻く環境、土こそが人間にとっての腸のような働きをしているのです。植物の体の内側には、人間の消化器のような、有機物を分解して吸収しやすくする仕組みは見当たりません。でも、その機能が備わっているからこそ、植物は必要な栄養分を体に取り入れることができています。一体どうなっているかというと、それは根っこ、根の周辺の土、そこに住む微生物に秘密があります。この三者の関係があってこそ、植物の健康は成り立っています。微生物が土の中の有機物を吸収しやすい形に変えてくれるので、植物は根から養分を吸収できるのです。

 

植物と微生物のステキな関係

植物の根の周辺に住む「根圏微生物」には様々な種類があり、それぞれの働きによって植物と共生関係を築いています。腐敗菌や病源菌が増えすぎると、植物も根腐れ病などの病気になってしまいます。その一方で、酵母や乳酸菌は土の状態を「発酵型」に変化させ、有機物を吸収効率の良い栄養分にします。光合成細菌も、根っこから排出される有害物質を無害なものに変化させ、恐ろしい「腐敗型」の環境になることを防いでくれます。なかでも「根粒菌」と呼ばれるものは、大気中の窒素を取り込み、植物の生長に欠かせないアンモニアに変えてくれます。病原菌の支配する環境にさせないためには、様々な微生物にとって心地よい環境を整えてあげるのが大切。そうすれば、根っこと微生物の安定した共生関係を築くことができます。

 

毎日の水やりに EM Garden

毎日の水やりにEM ガーデンを使っていくと、植物のカラダの細胞が、キュッと引き締まり、しっかりと密に詰まったカラダが作られていきます。初めの頃は、背丈が伸びなくて生育が遅いように感じるかもしれません。でも、生育初期は丈夫なカラダを作るための大切な時期。心配せずに、ゆっくり見守りましょう。

《使い方のポイント》

発芽したばかりの双葉の時期は、まだ植物のカラダも繊細です。EM Garden1000倍希釈程度に薄めて使い、水やりの時に入れる頻度も少なめに。本葉が3枚程度出た後は、500倍程度に薄めたものを毎日の水やりに使用して大丈夫です。

 

INFORMATION

名称
EM Garden
URL
http://www.kurashinohakko.com/2017/05/05/104/
その他
よい菌とその菌たちがつくった有用成分がたっぷりなので、水だけをまくよりも植物の生長が促進されます。種まきから発芽までは1000倍、本葉が出たら500倍の薄め液を使いましょう。まき方は水だけの時と同じ!
  • 登録無料 年2回届く暮らしの発酵通信「暮らしの発酵くらぶ」

Instagram